#42足目 ディンケもんの遺跡でござる① Heinrich Dinkelacker Buda オイルドヌバック!

ハインリッヒディンケラッカー

神奈川台場跡の巻!

【ディンケもん・ハイン爺劇場】

ハイン爺「連休じゃというのにゴロゴロしおってからに。」
Dもん「4連休はディンケを履いて『飲み鉄の旅』に出てブログを書きたかったでござるが・・・。世の中の空気が許してくれぬ。」
ハイン爺「仕方あるまい。こういう御時世じゃ。」
Dもん「東京はおろか、他県に行くのも気が引けるでござる。」
ハイン爺「ならば、県内で歩いて行ける範囲で行って参れば良いではないか。」
Dもん「読者が驚くような場所なんてそう近くにはないでござるよ。」
ハイン爺「おぬし、何か勘違いしておらぬか?」
Dもん「なにがでござる?」
ハイン爺「誰も、おぬしのブログを読んで「おおっー!すごい」とか「さすがディンケもん!」とか言うてはおらぬ。つまり、誰も期待などしておらぬということじゃ。うぬぼれるでない。」
Dもん「・・・・ショック。わかっていたこととは云えショック。もうよい。サワーを飲んで寝るでござる。」
ハイン爺「待て、ディンケもん!おぬしが得意の歴史があるではないか!」
Dもん「!!!。そうであったでござる。仕方ない。今回はそれでいくでござる!」
Dもん「今日履いていくのは雨が降っても大丈夫のBudaオイルドヌバック!」

【星の道標】
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️・世界遺産クラス
⭐️⭐️⭐️⭐️・・国宝クラス
⭐️⭐️⭐️・・・国指定クラス
⭐️⭐️・・・・県指定クラス
⭐️・・・・・何それクラス

Dもん「今回参るのは神奈川台場跡で⭐️⭐️クラスでござる。」
ハイン爺「つまらなそうだが行って参れ!」
Dもん「爺、お土産はなしでござるな。」
ハイン爺「い、意外と楽しいかも知れぬぞ!言葉撤回じゃ。」
Dもん「・・・行って参る。」

ハインリッヒディンケラッカーBudaオイルドヌバックで出発!


Dもん「では今回行って参った場所の地図と写真でござる。」

引用元:GOOGLEMAP

写真①②③↓
いきなりでござるが
今回のメイン
の石垣でござる。

石垣がドーン!(インパクトが弱い・・・)

民家の裏ギリギリまで石垣が続く

次に写真④に行く訳でござるが、北側からグルっと回らないと辿り着けぬ。
地図の右側は線路で南側から回ろうとすると歩行禁止の橋が架かっているので、万が一そこまで行ってしまうとやる気を失うでござるよ。

写真④↓

写真を良く見ると「神奈川台場ゆかりの縁起菓子 勝サブレ」なるお土産が販売されいるでござらぬか!
ああー。残念ながら定休日、入ってみたかったでござる。

次は⑤⑥⑦↓「星野町公園」

こちらも石垣がどーん。↓(更にインパクト弱くなった気が・・・)

Dもん「神奈川台場は『こうもり』の形だったとは・・・。さて帰るでござる。」

こうもり形の神奈川台場。この形のまま現存していたら⭐️の数が間違いなく増えていただろうに・・・無念でござる。

ハイン爺「おおディンケもん、戻ったか。土産はどこじゃ?」
Dもん「ない」
ハイン爺「ないじゃと!」
Dもん『勝サブレ』という名物がござったが、茶店が定休日でござった。」
ハイン爺「残念じゃのー。勝サブレ食べたかったのー。」
Dもん「これで我慢するでござるよ。」


Dもん「石垣の上のBudaでござる。わーっはっはっは!」
ハイン爺「相変わらずじゃな・・・・。」

つづく

コメント