#173足目 マイアミ復活?売れ残り?ハインリッヒディンケラッカー・Miami

Heinrich Dinkelacker
スポンサーリンク
スポンサーリンク

参照:HD公式HP

新作かと思いきや。

今日もまたディンケ公式HPをみているとなんとMiamiがこっそりと販売されているではありませんか。

私はこのラストを知っております。
なぜなら2017年のカタログに載っていたから。

参照:ハインリッヒディンケラッカーのカタログ2017年

今はもう販売されていない幻のラスト。

今となってはレアすぎてミーハーなファンの私としては手に入れたい一足。

しかし、本当に欲しいのかと言われると、否。

レアなので去年だったらイケイケどんどんで買っていたでしょう。

しかし今はレアだからといってそうそう飛び付けない今日この頃なのです。
(最近、散財しすぎたもんで・・・。)

すんませんね。ディンケさん。


でもどうしてこのタイミングで販売しているのでしょうか?

再販というよりかは売り残りじゃないのかと疑っております。

理由としてはサイズがUK6とUK7しか販売してないのでおそらくは間違っていないでしょう。



【妄想】

ディンケ社員達の会話
(とある倉庫にて)

先輩社員S「あれ?これってマイアミじゃね?」
後輩K「あっ!ホントですね。まだ残ってたんだ!」
S「どうするよ。ここに埋もれさせといても仕方ないだろう。」
K「売っちまいましょうよ。先輩。」
S「そうだな。最近のお客さんはマイアミなんて知しらないだろうからな。」
K「そうそう。ディンケもんがうっかりレアな新作と勘違いして買うかもしれませんよ。」
S「そうだな。ではネットにアップしとけ。」
K「かしこまりー。」

ディンケもん

「うぉー。危なかったでござる。マイサイズの6.5が売り切れでござる。ふゅー。」
「レアだからもし6.5が売ってたらポチってかもしれなかった・・・・。くわばら、くわばら。」




と言う訳で突如登場したマイアミですが在庫処分ですね。

ディスカウントとなっていますが645ドルじゃね。

せめて345ドルだったらUK7をポチってたかもしれませんが・・・。


それにしても数年前の靴を売るのかなとちょっと懐疑的になってしまいますが,
数日前にインスタにポストされていたディンケのこと思い出しました。

その方のディンケはマイブダペスターで購入したものとのことでしたが、かなり年代物で箱は見たことがないくらい古く、インソールのロゴも旧タイプのものでした。

そんな古いもの良く販売するな。
と正直思いました。


ドイツでは古くても平気で売ってしまう文化があるのかもしれませんね。

それにして公式HPではアップル社みたいにサイレントで販売開始されるケースがあるので目が離せません。

明日も楽しみだ。

つづく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
    
Heinrich Dinkelackerハインリッヒディンケラッカー
〜ディンケもんの革靴ブログ〜

コメント

スポンサーリンク
    
スポンサーリンク