#170足目 改造したディンケとラフィアのその後

Heinrich Dinkelacker
スポンサーリンク

素人がやるべきではない・・・か。

ハーフ・ラバーやトゥースチールの取り付けを自分でやってはみたもののお世辞にも上手くできたとは言えない現実に直面しております。

まずパラブーツ・ラフィアの方はと言いますと今のところラバーもスチールも剥がれおらず歩行に支障がありませんが、見た目に関してはボンドがはみ出してたりして素人がやった感丸出しとなっております。ただ、歩いていて気づく人はまずいませんので問題なしといったところです。

つま先↓

接着面は黄色いボンドがはみ出て美しくはないですがスチールが剥がれることはありません。

かかと↓

かかとも剥がれておりません!

そして今回問題のハインリッヒディンケラッカー・ウィーンはといいますと、まずこちらのやらかした時のブログを↓

つま先↓
(写真左側はボンドの選択をミスってしまい、ミスったまま別のボンドで重ねて接着したものです。汚い・・・。)

とはいえスチールはうまくついております!

かかと↓
(かかとはフラットで貼りやすかったなぁ。(╹◡╹))

剥がれる気配なし!

そして問題はこちら↓

うわー。剥がれ始めてる。
最初に失敗した時のボンドが取り切れなくて、別のボンドでそのまま貼ったからな・・・。

面倒なことになってしまった。

またそのままボンドでつけようかな・・・。

どうしよう。
さて、どうしよう・・・。

やり直しは面倒だぞ・・・。

うーん。

しばらくこのままやり過ごそう・・・。
(@ ̄ρ ̄@)

つづく



コメント