#169足目 Wienのサイズ感。ハインリッヒディンケラッカー・ウィーン。

Heinrich Dinkelacker
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハーフサイズ・アップが理想か?

さてさてウィーンが帰ってきてから早1週間

モカ割れしたWienをリペアしてもらってから数回履いているのですが正直な所、サイズをハーフサイズアップさせておけばよかったかなと思っています。

私は通常BudaはUK6.5を履いており、捨て寸が多分10mmくらいはあるのですがWienは5mmあるかどうかといったところです。

直立している時はよいのですが歩くとWienはつま先が当たってしまいます。

またしてもやらかしてしまった・・・・。
あぼーん。( ̄▽ ̄;)

となるところですが、なんとかなる可能性があります。

以前中古でBudaのUK7を買ったことがあるんですが、
このBudaは結構履き込まれており、親指の母趾の沈み込みが5mmくらいあったことによりつま先付近の空間が広がっていました。
親指が沈み込んだ分だけ捨て寸も5mmほどですが間が空いていると感じたので、サイズ感でいえばUK7.5くらいだったといったところでしょう。

Wienも履き込んでいくと同じように沈み込みにより丁度よい捨て寸が確保されるかもしれません。

というかそうなってもらわないと困るな・・・。
(ー ー;)

と言う訳で沈み込ませるために履く回数を増やしていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記
「ホールカットの返金」に関して

2月頃にメールのやり取りをしてようやく返金してもらえることになったディンケのホールカットですが4月末になっても返金されていなかったので「どうなってます?」とメールを送ったところ「申し訳ない。ミスした。」とのことでした。

おいおい左右で違うラストを送っておいて、更に散々待たしておいてトドメの返金手続きの操作ミスとは。
まあ、返金が確定したのでこれ以上つべこべ言うまい。

6月に返金されます。↓


長かった。
ホントに長かった。

長かったぞーーー!


購入は去年の9月なので9ヶ月もかかりました。



こんなことがあってもディンケをやめられない自分って本当にどうかしていると思う今日この頃です。

つづく





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
    
Heinrich Dinkelackerハインリッヒディンケラッカー
〜ディンケもんの革靴ブログ〜

コメント

スポンサーリンク
    
スポンサーリンク