#142足目 ツォップナートのローファー情報がキタ。ハインリッヒディンケラッカー!

ハインリッヒディンケラッカー

リファーレさんでマイサイズが売っている。

リッ姫「だらだらビールを飲んでいいご身分ね。」
ハイン爺「ホールカットの返事が全く来ないので少しやる気を失っておるようじゃ。」
リッ姫「また、インスタで左右で明らかにラストが違う画像を投稿しましょうよ。」
ハイン爺「そうじゃのぉ。そうするかのぉ。」

ディンケもん「ぎゃー。再販されてるでござるよー。うぉー。」
リッ姫「うるさいわね。どうしたのよ。」
ディンケもん「ツォップナートのローファーがインスタにポストされてて、よく見たらリファーレさんで販売されているでござるー。しかも欲しいダーコニャ!うぉー。かっこいい。」

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
HEINRICH. DINKELACKER.Buda.Cordovan.Navy.ドイツ.ハインリッヒディンケラッカー.ノルウィージャン.製法.レンデンバッハ,プレーントゥ
HEINRICH. DINKELACKER.Buda.Cordovan.Navy.ドイツ.ハインリッヒディンケラッカー.ノルウィージャン.製法.レンデンバッハ,プレーントゥ


ハイン爺「お主、もうディンケの靴は買わんと言うとったではないか?」
ディンケもん「そう。ホールカットの問題が解決するまでは買わぬでござるよ。・・・でも・・・ほしい。・・・けど高すぎる。」
リッ姫「安くても買っちゃだめよ。ホールカットの件で完全に無視されていて頭にくるじゃない。いくらユニークで安いからといっても不良品を販売したんだから企業の姿勢を見せてもらわないとね。」
ハイン爺「そうじゃ。意地でも買ってはならぬぞ。」
ディンケもん「わかっておるでござる。では速いとこ例の強行手段で解決するでござるよ。」
リッ姫「任しといて。爺、写真を撮って投稿してちょうだい。」
ハイン爺「では、カシャ。ポチポチで投稿じゃ。ふぉっふぉっふぉ。」
リッ姫「きっとすぐに返事が来るわよ。」

つづく。

コメント