#124足目 ガジアーノ&ガーリング・オックスフォードを部屋で1ヶ月履いたみた。

Gaziano&girling

馴染んできたのでニタニタしてます。

ガジアーノ&ガーリングを部屋で履き初めて1ヶ月が経過しました。始めはかなりタイトでJMウエストン180並だったのですが履いたままボーっと水曜どうでしょうを観たり、立ちながら本を読んだり、ビールを飲んでそのまま寝てしまったりしているうちにかなり馴染んできました。

そろそろ外に出ても大丈夫なんですが1ヶ月も履いているうちに部屋で履くことがだんだん習慣化してきてしまいました。外に一度出ると部屋で履けなくなり、なんだか足が寂しくなる気がするのでこのまま部屋でしばらく履き続けることにします。

そしてシワですが、特にシワ入れの儀とかしていないのに左右とも同じようなしわが入っています。ストレートチップの靴はだいたいこんなシワの入り方をするのでしょうか。きれいに入っているので気に入っております。
やはり革質がいいのかもしれません。

ソールも柔らかく曲がり易くなっているので小走りくらいならできそうです。

そういえば最近、ハインリッヒディンケラッカーRioを履いている時に信号が点滅したので小走りしたら全然ソールが曲がっていない気がしました。
トリプルソールでも割と曲がると他のブロガーさんの記事で読んだ気がするのですがあまり意識していなかったので明日どれくらい曲がっているのか確かめてみようと思います。

つづく

コメント