#111足目 勢いで買った靴とお別れ② 最初期 ハインリッヒディンケラッカーBuda

ハインリッヒディンケラッカー

レベルが高い靴についつい。

【ディンケもん・ハイン爺劇場】

ディンケもん「これともおさらばでござる。」
ハイン爺「良さも解らずに買ったカールフロイデンベルグじゃな。」
ディンケもん「分ったことは1つだけ。『やわらかい』ことだけでござる。」
ハイン爺「ディンケファンなら『最初期』とかアピールされると弱いからのぉ。特にお主は。」
ディンケもん「そうでござる。『ツォップナート』で『カールフロイデンベルグ』、ディンケ『最初期』のトリプルパンチでノックアウトでござった。」
ハイン爺「それに加えて『素晴らしい説明文』を読んでしまったらひとたまりもないのぉ。無理もないかのぉ。」
ディンケもん「ただ売主殿は本当の革靴愛好家で知識も深く、手入れも怠らず、革靴を愛する人のために販売していることだけは間違いないでござる。」
ハイン爺「そうじゃの。それはわしも分っておる。しかし、身の丈に合わない靴を買ってしまってはいかんじゃろ。」
ディンケもん「だからさよならするのでござるよ。レベル2とか3とかの知識ではローレシア辺りでドラキーと戦っているのが妥当でござる。いきなりロンダルキアではちょっとつらいでござる。」
ハイン爺「例えがイマイチじゃがそうゆうことじゃ。」
ディンケもん「今日も昨日同様1円からスタートでござる。」
ハイン爺「ではスペックと写真をのせるぞ。」

最初期・ハインリッヒディンケラッカー
ラスト:Buda
レザー:カールフロイデンベルグのアニリン・ボックスカーフ
サイズ:UK7.5

ハイン爺「説明書きには『キメが整っていて強度が強い』とあるが見た目はどうじゃった。」
ディンケもん「比較対象がG&Gのボックスカーフ とJMウエストンのボックスカーフ でござるが、たしかにそれは拙者でも分かる。そして柔らかいでざる。」
ハイン爺「色味もムラがあって味わい深いではないか。」
ディンケもん「今の拙者は『コードバンで「うぉーカッコいい!」とかトリプルソール&ツォップナートで「ぎゃー欲しすぎー。ブクブクブク・・・(失神)」』と騒いでいる方が楽しいのでござるよ。」
ハイン爺「では仕方あるまい。良さが分かる方のところへ行くのがこの靴の為でもあるからのぉ。」
ディンケもん「そう、次は本当に良さが分かる方の所へいって欲しいでござる。」
ハイン爺「では、オークション開始じゃ!」
ディンケもん「こちらでござる。」


つづく。

コメント