#91足目 どういうことでござろう?「はてな?」でござるの巻 ハインリッヒディンケラッカー ・ユニーク!!

Heinrich Dinkelacker Unique

これは正しいのか?間違いなのか?

【ディンケもん・ハイン爺劇場】

ハイン爺「ディンケもんよ。昨日はすまんかった。この通りじゃ。」
Dもん「まったくでござるよ。でもリッ姫とのことですっかり怒りがすっとんでしまったでござる。」
ハイン爺「投げ飛ばされておったからのぉ。」
Dもん「ボコボコでござるよ。」
ハイン爺「ディンケもんよ。昨日の届いたホールカットのことで伝えなかればならぬことがある。」
Dもん「なんでござるか?」
ハイン爺「ショックじゃろうが、これを見よ。」

ハイン爺「左のトゥが崖だとしたら、右は砂浜じゃ。」
Dもん「え?えーーーー。」
ハイン爺「次にこれじゃ。」

ハイン爺「トゥは机の壁につけておる状態じゃ。手前の踵も同じ位置なのがわかると思うが、棒を見よ傾いておる。」
Dもん「あわあわあわ。」
ハイン爺「次に前からじゃ。」

ハイン爺「前にフィレンツェを手にしたからわかるでじゃろう。左がフィレンツェ。右が?じゃ。」
Dもん「・・・・」
ハイン爺「つまり、左右で違うものじゃ。」
Dもん「カペッ」
ハイン爺「しっかりせい!なんじゃ「カペッ」って?・・・・。まあ、無理もない。楽しみにしておったからのぉ。かわいそうに。」
ハイン爺「現実から逃げ、気を失ってしもうた。ではわしの方からハインリッヒ・ディンケラッカー・ユニーク殿に文を送っておこう。もしかしたらこれが仕様なのかもしれぬ。ユニークなだけに。」

つづく。

コメント