#74足目 メイドinジャパンの靴探し 宮崎製靴!

靴探し

自社製品をもっと広めてほしい。

昨日記事にあげたRENDOのGB001は宮崎製靴で製造されているのではないかという情報を得て(事実かどうかは確認できておりません。)宮崎製靴を調べてみました。

宮崎県のメーカーかと思ったら東京の足立区の工場と秋田に大きな工場があり、業界の人なら絶対に知っている優れたメーカーということで、代表の名前が宮崎さんでした。

主にOEMを受けつつも「ファクトリエ」で自社製品販を販売しています。

MIYAZAKIの名前でストレートチップとペニーローファー、チャッカブーツを展開しています。
チャーチのチャッカブーツネイビーを持っているので履き比べてみたいです。
値段的にも税込みで48,400円でチャーチよりリーズナブルです。
作りが同じ若しくはそれ以上なら断然宮崎製靴のチャッカを買いたいです。

OEMで代表的なのはオークニジャパンの「浅草靴誂(あさくさかちょう)」というブランドで三越やそごうで販売されています。

参照:ISETAN MEN`S NET

上記の2017年の記事で「浅草靴誂」は54,000円となっているのでやはりOEMの製品の方が高くなっています。レザーが違ったりするのかもしれませんが、もし自社製品とOEMの靴を見比べることができて違いがあまり解らないようであれば自社製品を選ぶでしょう。

週末にそごうに行って現物を見てきたいと思います。

宮崎製靴の工場をGoogle マップを見て楽しむ。

宮崎製靴は東京と秋田にあります。

参照:Google マップ 東京都足立区の宮崎製靴

続いて秋田工場↓

広くてのどかな感じです。更に上空からの写真だと↓

畑?たんぼ?の中にあるのがわかります。
田んぼだとしたら7月頃は稲が青々として気持ちいいでしょうね。
メンタル的に落ち着いて靴が作れそうです。

ファクトリエの記事の中で職人達は作るは得意だが売るのは苦手みたいなことを言っておられたのですが、是非自社製品をもっとブランド化して宮崎製靴の靴を多くの人に知ってもらえたらいいなと思いました。
まあそれが難しいんですけどね・・・。

つづく

コメント